100社の経営者が創った学費無料の1年制志立大學            お問い合わせ  会場 よくある質問
※学士号・修士号・博士号を取得するところではありません。      

7期生による講義レポート

毎日の熱い講義をアウトプットします!

平成29年(2017)【2月16日(木)】
第一部:日本を美しくする会「東京掃除に学ぶ会」街頭清掃活動
第二部:新聞アウトプット

UPDATE:2017/02/20 09:56
●感謝された時の嬉しさ
今回新宿の清掃をしていたときに、通行人の方から、「この寒い中、掃除ご苦労様」と声をかけられました。
いつも私たちが掃除をしているときは、声などかけられずに素通りされていることがほとんどですが、こうして頑張りを見てくれている人はいるのだと、感じました。
感謝されたいがために、掃除をしているわけではありませんが、それでもその一言が、心の充実感をもたらしてくれました。
そう声をかけられていたので、いつも以上に張り切って、注意深くゴミを見て、拾っていました。
日常でも、こうして自分を評価してくれている人たちを、大切にし、私自身も大切にされるような人間になっていきます。

●新聞アウトプットを深める
最近、新聞アウトプットについて、記事の読み込みが足りなかったり、記事の内容だけしか言えていないことが多い、という状態でした。
新聞を通して、「世の中が今、どういう状態なのか。どういうことがこれから起きて、自分はどう考えているのか」という視点が足りていなかったです。
新聞を読む時間を増やすこと、読み込んで気になったことは調べていくとともに、なぜその記事が気になったのかを整理し、自分の中でしっかりと落とし込み伝えられるようにしていきます。

平成29年(2017)【2月4日(土)】
歴史さんぽ/靖国神社 編

UPDATE:2017/02/08 14:55

平成29年(2017)【1月26日(木)】
FMラジオ収録見学/山近義幸理事長(ザメディアジョングループ代表)

UPDATE:2017/01/29 14:45

平成29年(2017)【1月21日(土)】
野狼自題学/木村公紀先生

UPDATE:2017/01/23 16:16

平成29年(2017)【1月19日(木)】
日本を美しくする会「東京掃除に学ぶ会」街頭清掃活動

UPDATE:2017/01/23 16:27
       ※甘酒は、掃除終了後に有志からの差し入れ
●綺麗になっている実感を得る
「新宿掃除に学ぶ会」に参加し、もう6回目に。
そこで、掃除を始める前に感じたことが、4月の頃より、見違えて綺麗になっているということです。
ポイ捨てされている、タバコやカン・ペットボトルは減っていませんが、それ以外のゴミは減っていました。
私の掃除していたエリアがたまたまそうだった、ということもあるかもしれませんが、こうして自分達の行動によって、町にいる人たちの意識を変えていることが実感できて、嬉しかったです。
掃除の持つ、心も綺麗にできる力に触れた朝になりました。

平成29年(2017)【1月18日(水)】
輝き塾/後藤昌幸 (株式会社ゴトウ経営 社長)

UPDATE:2017/01/26 22:20
●仕事の本質を捉える
後藤会長のお話を聴講し、
仕事とは、利益を生み出すために行動することだと、教えていただきました。
そのために、社長自ら営業をする。
会議は勤務時間に食い込むまでやらない。
仕事の会話の中に、具体的な数字を入れる。
多少儲かっても、交際費で浪費せず、無駄な経費は削減する。
このことを、後藤会長は徹底していると伺った。
実際に経験したからこそ分かる、経営の極意なのである。
そして、私はそこに仕事の本質があるのだと感じました。
調子に乗らず、謙虚にコツコツと、やるべきことをやっていくことが、経営者に限らず、
全ての社会人が見失ってはいけないことだと学ばせていただきました。

平成29年(2017)【1月8日(土)】
吉田松陰先生の故郷・萩「第8回 松下村塾合宿」二日目

UPDATE:2017/01/14 12:33

平成29年(2017)【1月7日(金)】
吉田松陰先生の故郷・萩「第8回 松下村塾合宿」一日目

UPDATE:2017/01/14 12:34

平成28年(2016)【12月22日(木)】
新宿ゴールデン街・花園神社散策

UPDATE:2017/01/06 23:22

平成28年(2016)【12月18日(日)】
第1部 歴史現地学(彦根城)
第2部 バスケットボール観戦

UPDATE:2017/01/29 14:30
●地元に愛されている井伊家
彦根に来て、初代彦根藩主の井伊直政の銅像、井伊家の城である彦根城、そして江戸幕府の大老になった井伊直弼の銅像などを見て、地元の人達に、井伊家の人間がかなり愛されていることを感じました。
特に、井伊直弼の銅像にあった説明書きに、「アメリカとの開国を英断」という記述を見つけました。
一般的には、井伊直弼がアメリカと通商条約を結んだことは、悪いことというイメージがある中で、よほど愛されていなければ、こんな書き方はされないと思います。
こうして地元の人々に今も慕われていることに、歴史の積み上げてきた重みを、垣間見ました。
地元の人たちの解釈というのも、歴史では大切で、これも現地に行って学べることの醍醐味だと感じました。

●バスケットボールの試合を観戦して
滋賀レイクスターズVS川崎ブレイブスターズの、バスケットボールの試合を観戦して、1プレーごとの流れの速さに驚きました。
目まぐるしく変わっていく点数と、攻守の切り替わりで、目を離すことができず、いつの間にか試合の虜になっていて、ファンの人と一緒に応援したり、相手チームのフリースローの時にブーイングもしていました。
また、タイムアウトやハーフタイムの空き時間を利用して、チアリーディングが行われたり、クリスマスにちなんだ衣装を着た、子どもたちのダンスが行われたりと、試合観戦に来た人たちに、飽きずに楽しんでもらうための工夫が満載でした。
こうしたお客様のことを考えた工夫は、どんなビジネスをやる上でも大事だと、改めて確認しました。

From:布川大貴@東京校8期生(千葉県出身、日本大学卒)

---------------------------------------------------------

●歴史現地学
彦根城は井伊家の居城であった。山上からは彦根のまちを一望でき、井伊家の風格が感じられました。
井伊直弼が30歳頃までの青年期を過ごした埋木舎は、城の麓にあり、こんなところで青年期を過ごしたら何もなくて気が狂いそうだが、直弼はここで勉学に励み最終的に国を作るために尽力したという。国を動かした原動力がここにあると思うと、この場所がもっと知られてもいいのでは?と感じました。

●バスケットボール観戦
プロバスケットボールは初めて観戦しましたが選手とファンの距離の近さに驚きました。特に、得点時の歓声や相手フリースロー時のブーイングなど会場が一体になる瞬間は鳥肌ものでした。
相手チームファンが幾らかいた、Bリーグの熱さを知ることができました。試合以上にプロスポーツの楽しさを知ることができる工夫もあり(たとえばレイクスターズに関連した団体、チームによる余興:前座試合やチアリーディングチームによる興行)、私たちも試合を楽しめました。プロスポーツの可能性を感じることができました。

From:野口和雅@東京校8期生(新潟県出身、福島大学)
<<2017年02月>>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント




関係企業 株式会社ザメディアジョン l 株式会社ザメディアジョン人財事業部 l 株式会社ザメディアジョン・シェア l 株式会社ザメディアジョン新卒採用 l 株式会社ザメディアジョン・エデュケーショナル l 株式会社ザメディアジョン・リージョナル l 個人情報の取り扱いについて