100社の経営者が創った学費無料の1年制志立大學     お問い合わせ  教室  よくある質問
※学士号・修士号・博士号を取得するところではありません。      

東京校の講義レポート

毎日の熱い講義をアウトプットします!
 
 

うるるるるんミャンマー滞在記〜2日目〜

UPDATE:2019/09/29 23:30
9月19日(木)

朝ごはんはミャンマーでよく食べられている「モヒンガー」をいただきました。
魚介ベースのスープに春雨のようなヌードルとスパイス、野菜が入っています。
腹ごしらえをしたら、タクシーに乗ってパゴダ巡りです。
学生さんたちが案内してくれます。
1つ目のパゴダはシュエダゴンパゴダ。

ヤンゴンの中心地にそびえ立つ100m級のパゴダです。

パゴダを参拝するにはいくつかルールがあります。

まず、土足厳禁。靴下も許されず、裸足で入ります。
そして半ズボンなど膝上の履物は禁止。

ロンジーと呼ばれる民族衣裳をパゴダ近くのお店にて選んでもらい、
女子学生さんたちに着付けてもらって参拝しました。

黄金のパゴダの先にはダイヤモンドなどの秘宝が眠っているそう。
望遠鏡で覗きます。



続いて、チャウッタージーパゴダ
巨大な涅槃像が迎えてくれます。


お昼ご飯はラカイン族の料理が食べられるお店へ。

メニューを見ても何がなんだか…
ということでみなさんが選んでくださいました。
そして最後にデザートのサプライズ…!
あんみつのようなソーズとココナッツ、ごまが乗っていて
和菓子テイストの美味しいスイーツでした。

みなさん、ありがとうございます。

うるるるるんミャンマー滞在記〜1日目〜

UPDATE:2019/09/29 23:31
9月18日(水)
現地時間18時ごろ、ヤンゴン国際空港に到着!

お出迎えしてくださったのは
ピンク色に染まった美しい夕焼けと
ラーナーズの学生さん3名。
いつも画面越しなので、こうして顔を合わせるのは今日がはじめましてです。


私にとって生まれて初めてのミャンマー。

気温は少し蒸し暑いくらいでしたが、
思っていたよりは息苦しくありませんでした。

タクシーを捕まえてもらい、ヤンゴンの街へ向かいます。
街は炭火のような匂いが漂っていました。

あとで知ったのですが街のいたるところに屋台があって、
様々な料理が食べられるのです。
炭火の匂いと様々な食べ物の匂いが混ざって、
「ちょっと香ばしい」というのが最初に抱いたヤンゴンのイメージです。

外を見渡してみると、車車車・・・
車大国で、その上信号機がそれほど多くはない。
一人で横断するのはちょっと難しそうです。


夕食後、教室に戻るとギターが登場。
歓迎の(!?)歌を披露してくださいました。
「上を向いて歩こう」、「さよなら大好きな人」、「365日の紙飛行機」・・・

まさかこんなところで日本の歌を聴くことができるなんて…!
すらすらとなめらかな歌声でした。

日本のフォークソングを一緒に口ずさみ、すっかり仲良しです。

ホテルまで送っていただき、初日はこれにて終了。
心ウキウキ、ミャンマーライフ。
明日からも楽しみです☆
 
 
<<2019年09月>>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント




関係企業 株式会社ザメディアジョン l 株式会社ザメディアジョン人財事業部 l 株式会社ザメディアジョン・シェア l 株式会社ザメディアジョン新卒採用 l 株式会社ザメディアジョン・エデュケーショナル l 株式会社ザメディアジョン・リージョナル l 個人情報の取り扱いについて