100社の経営者が創った学費無料の1年制志立大學            お問い合わせ  会場 よくある質問
※学士号・修士号・博士号を取得するところではありません。      

大阪校ブログ

日本ベンチャー大學大阪校の講義の様子をお伝えします。

平成27年(2015)【5月17日(日)】
自己診断、強みを知る/西村太嘉先生(株式会社ミスキィ所属)

UPDATE:2015/05/23 10:40

平成27年(2015)【2月7日(土)】
本學OBによる講義「海外ビジネスのコツ」/川辺聖弥さん(JVU東京校2期生・大阪校1期生)

UPDATE:2015/03/03 00:16

平成27年(2015)【1月24日(土)】
自己分析「自分の強みを見つける」/西村太嘉先生(株式会社ミスキィ所属)

UPDATE:2015/01/26 12:58

平成27年 1/6(火)・1/7(水)
吉田松陰先生の故郷・萩「第6回 松下村塾合宿」1日目

UPDATE:2015/03/10 15:44

平成26年(2014)【8月2日(土)】
第1回 クラウドファンディング説明会(in 大阪)
京都一週間自修成果発表会

UPDATE:2014/08/11 12:31

平成26年(2014)【6月7日(土)】
歴史現地学/緒方洪庵の適塾

UPDATE:2014/06/08 23:33

5/24(土)・5/25(日)
東京校・大阪校合同合宿 1日目

UPDATE:2014/05/26 14:29

平成26年(2014)【3月8日(土)】
コミュニケーション学/大西恵子先生(大西恵子事務所 代表)

UPDATE:2014/03/10 01:04
---------------------------------------------
●1日の流れ
1、朝礼、掃除
2、新聞アウトプット
3、大西恵子先生(大西恵子事務所 代表)による
 「コミュニケーション学」
4、終礼、解散
---------------------------------------------

●新聞ディスカッション
[小麦の関税による学び]
小麦の値上げについてアウトプットしました。
小麦には252パーセント関税がかけられています。
しかし、日本政府は関税ゼロで小麦を輸入することができ、
国内の業者に販売する際、関税の半分ほど価格を上乗せして
販売していました。
その結果、政府から購入すると直接購入する際に比べ、関税が半分で購入でき、
実質、政府を通じて流通しているとわかりました。

●気付き
[相談をしたら、相談した人に結果報告(感謝)]
報連相の一つに相談があります。ほとんどの人は相談した人に
結果を報告していません。
しかし、相談を受けた側は結果が非常に気になり、相談に乗ってくれた
感謝もこめて相談した人に対して報告が必要です。自分は全く意識
できていなかったので、相談した人にお礼の報告をします。

[3つを活用する]
報告をする際、3つに分けて話すのが相手にとってもわかりやすい。
多すぎず、少なすぎない適切な数である。効果的な質問をする際や、
自分でメモを取る際に三つに分けると考えると簡潔で
わかりやすいと感じました。ですで、3つを意識して報連相を行います。

●感想
本日のベン大は人数は少数ですが充実していました。
新聞アウトプットでは小麦の関税について知ることもできよかったです。
調べながらアウトプットを進めると非常に分かりやすかったです。

以前、大西先生には報連相について教えていただきました。
報連相は相手に伝わればよい、と思っていましたが、そんな単純なものでは
ありませんでした。
メールなのか電話がいいのか?
伝わった確認をしたかどうか?
行うことは些細なことが多いですが、気遣いがなければ
必ずうまくいかないものと感じました。
完璧な報連相こそが自分の縁の幅を広め、人脈につながっていくと感じました。
まずは、相談した人に結果の報告とお礼をすることを実践します。

From:大上直哉@大阪校3期生(新潟県出身・同志社大学4年)
----------------------------------------------------------------------

平成26年(2014)【3月1日(土)】
ランチェスター戦略基本講座 入門編/瀬尾 加寿馬先生

UPDATE:2014/03/11 18:44
--------------------------------------------------------------------
●1日の流れ
09:00 朝礼、掃除
10:15 新聞アウトプット
12:00 昼食
13:00 瀬尾加寿馬先生「ランチェスター戦略基本講座 入門編」
14:30 終礼、解散
--------------------------------------------------------------------

●講義の様子
4月に新入社員研修の一環でランチェスター戦略について
少し学んだのですが、瀬尾さんの講義では、実際に取り入れられている
例を挙げたりしながらランチェスター戦略を説明してくださったので、
理解がさらに深まりました。
例えば、セブンイレブンが四国などでは全く出店しないのは、
ランチェスター戦略に基づき、一つの地域でNO1にならないと
次の地域に行かないということからでした。
基本原則は.淵鵐弌璽錺鷦腟繊´一点集中 B下の敵攻撃と
難しいことのようですが、講義を聞いていると、できそうだ、と感じました。

他にもランチェスター戦略は仕事だけでなく、遊びでも応用できると
いう例も教えてくださいました。

また、瀬尾さんの過去のお話を聞くこともでき、過去の経験から
自分が作られるんだということを改めて感じました。

From:森一樹@大阪校事務局(リビアス採用担当)
--------------------------------------------------

平成26年(2014)【2月22日(土)】
キャリア形成/木村公紀先生(フロントライン 代表)

UPDATE:2014/02/24 23:32
-------------------------------------------------------------
●1日の流れ
1、朝礼、環境整備
2、新聞アウトプット
3、キャリア形成/木村公紀先生(フロントライン 代表)
4、終礼、解散
-------------------------------------

●気づき
1)感覚と直観
感覚とは「情報の存在に気付く能力」であり、
直観とは「情報の本質に気づくための能力」である。
情報が氾濫している現代の状況では感覚が強く、情報が氾濫してしまっている。
これが私たちの状況である。
そのため、本質を把握するために直観を磨く必要がある、と感じました。
しかし、理美容業では感覚が命であり、業界によって違いがあり一概には
言えないと感じました。
業界ごとに感覚と直観どちらが必要か、見方を変えて考えるとみるとおもしろい
と感じました。

2)自分に対する忠誠心
エリクソンのライフサイクル発達段階表を教えてもらいました。
私たち大学生の活力は忠誠心でした。
忠誠心はベン大に対してでもなく、恋人でもなく自分に対する忠誠心が必要でした。
将来のため、必要と思えば行動できるように忠誠心が必要でした。
ですので、自分に対して忠誠心を持てているか問いかけてみます。

3)レジリエンス
レジリエンス(回復力)という言葉を紹介してもらいました。回復力を持つには
現実を受け止める力、即応力、
確固たる信念が必要でした。私は以前、ベン大に対して燃え尽きてしまったと
感じた時がありました。
まさにその時は、即応力、確固たる信念が弱く、ただ単に悩んでいたと
感じました。
信念を持ち、即応力があれば自分が折れることもなくなると感じました。
信念は本当に大切だと感じました。

●感想
今回は二回目参加の高島さんがいたため、新聞アウトプットでは
充実した議論ができました。
毎回、新しい人がいるとこちらも新鮮な気分になります。

講義ではキャリア形成の基礎について学ぶことができました。
自分のキャリア形成を木に例えると大きな枝や、葉っぱがあり、
自分の行動がどの部分を成長させているのか考える必要があると感じました。
やみくもに行動していても大きな軸は育たず、落ち葉になってしまうと感じました。
行動を妨げては本末転倒ですが、何のために行動するのか考えなくてはならないと思いました。
残り1ヶ月で自分に対する忠誠心をしっかりとしたものにします。

From:大上直哉@大阪校3期生(新潟県出身・同志社大学4年)
--------------------------------------------------------
<<2017年06月>>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
最近の記事
最近のコメント




関係企業 株式会社ザメディアジョン l 株式会社ザメディアジョン人財事業部 l 株式会社ザメディアジョン・シェア l 株式会社ザメディアジョン新卒採用 l 株式会社ザメディアジョン・エデュケーショナル l 株式会社ザメディアジョン・リージョナル l 個人情報の取り扱いについて