100社の経営者が創った学費無料の1年制志立大學            お問い合わせ  会場 よくある質問
※学士号・修士号・博士号を取得するところではありません。      

名古屋校ブログ

日本ベンチャー大學名古屋校の講義の様子をお伝えします。

平成26年(2014)【8月30日(土)】
リアル経営学/竹川知孝先生(ウォーターレスキュー株式会社 代表取締役社長)

UPDATE:2014/09/02 17:13
--------------------------------------------------------
●1日の流れ
1、新聞ディスカッション
2、リアル経営学/竹川知孝先生
(ウォーターレスキュー株式会社 代表取締役社長)
--------------------------------------------------------

●気づき】
•仕事は、ちゃんとやって感謝をされれば、収入がついてくる。
それは仕事をして行く中でやりがいもあり、満足感、達成感も得られる。

•先週の濱田社長と共通していましたが、社員に気持ちを伝えるだけでは
なく理解させる。従業員の教育の仕方は礼儀を持ち込み、
約束を守らせ、時間を守らせる。そうすれば指名で呼ばれるようになり、
自然とリピーターが増える。当たり前のことを当たり前にやるということが大事である。

•経営者とってもっとも必要なスキルは営業力。最後まで裏切らない。
どんな仕事でも営業は肝である。

•運を呼び込むものは感謝である。運の呼び込み方を知っているか知らないか。
普段から人のためと思っていれば、自然と運もついてくるのではないでしょうか。

●感想
何事もできるかできないかではなくやるかやらないか。
S字の普及曲線のお話を聞いて、歴史を学べば時代の流れが把握でき、
日本でも海外でも流行するモノが見えてくるというお話がありました。
今、歴史を学んでいることはいろいろなことで生きてきて大切なんだな、と思いました。

From:河合駿輝@名古屋校2期生(中京大学4年)
------------------------------------------------------

●気づき
・運
人を騙したり、貶めたりすると運には見放される。
「ありがとう」という言葉が運をまわすし、人の為に動いていくと、
自分にもいいことが循環してくる。

・自信は積み重ね
勝ぐせをつけることが自信の根源となる。
小さなことでも継続的に続ける事で、自信になるし、自身に溢れている人は魅力的。

・営業
何が大切かというと、「テンション」。
数字をとるぞ!という気持ちや、妄想などで笑顔でインターホンを押す。

・出来る人にしか言わない
今与えられている課題や歴史の学びは、出来る人にしか言っていない。
出来ない事をやれとは言わないし、必ず成長に繋がる。
3、実践すること

・トイレ掃除+部屋掃除を行う。
・挨拶を人より先に行う。
・1つの事を継続させる(日経新聞や読書など)

●感想
竹川社長はとても親しみやすい笑顔の素敵な社長さんでした。
「創業してから、どんな苦労をしましたか?」という質問に笑顔で
「苦労と感じたことは1度もない。だって楽しいから」という答えに
驚きと、羨ましいなと思いました。
私も心から楽しい!!というビジネスを必ずやります!!
講義全体を通して、当たり前のことを当たり前にこなすことの難しさを学びました。
当たり前な事が出来ていないと、成功は生まれません。
まだ出来ていないことが沢山あります。 1つ1つ意識して体で覚えることで、
自分の中の高いレベルで当たり前を自然に身に着けていきます!!

From:工藤夢生@名古屋校2期生(東京都出身)
-------------------------------------------
●気づき
「○○さんだったら来てくれ」
そう言われたことが何回あっただろうか?
礼儀をしっかりすることで、そう言われる人にもなれる。
そして、そう言われてこそ、本物である。

また、歴史を学ぶというのは、海外に目を向けることにつながる。
日本でのS字の普及曲線の普及前の段階がいつなのか。
そして、それが海外ではどこなのかを考えることが海外での事業展開につながる。
さらに、モラル+運を上げること。隠れたところで得を積むことや
人が嫌がることを率先してやることで、モラルや運の上昇につながる。
最後に、「ありがとう+お金をもらえるシステム」。これは最高。
片方ではなく、両方がもらえるシステムを考える必要がある。

●感想
大切なことは、当たり前のことをすることだと改めて気づかされた。
ただ当たり前というのは成功者が行っている当たり前のこと。
いいなと思われる人は、たしかに掃除など、多くの人がしそうで
しないことを行っている。
また、「ありがとう+お金をもらえるシステム」は本当に素晴らしいと感じた。
お金をもらえて、さらにありがとうまでもらえたら、それは最高だ。
ひとつの目標ができた。自分のビジネスでは、必ずそれを達成したい。

From:秋田大輝@名古屋校2期生(南山大学4年)
------------------------------------------

●気付き
・S字の普及曲線
商品が普及するまでに、「黎明期」「ブレーク」「安定期」の3つの段階があります。
日本では既に安定期に突入したビジネスでも、海外ではまだ黎明期という例はたくさんあります。
それをいち早く見つけることが、海外ビジネスで成功する一つの秘訣です。

・営業の秘訣
営業の秘訣は、テンションを保つことです。
「やったるぜ」という気持ちを営業中は維持し続けることが大事だと学びました。

・「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」
実現不可能な課題は自分に降りかかってきません。
「できるかできないか」ではなくて「やるかやらないか」です。

・自信
自信のないリーダーには誰もついてきませんが、自信は後天的に身につけることが可能です。
自信をつけるためには小さな成功を積み重ねることが大切です。

・運
運は呼び込むものです。
「ありがとう」を繰り返したり、人が嫌がることを率先して行ったり、
隠れたところで徳を積んだり、自身の行動次第で運は回ってくるものだと気付きました。

●感想
私には日本の良さを海外に広めたいという夢がありますが、具体的に何を
広めたいのかがわかりません。
しかし「S字の普及曲線」のお話で、日本では安定期のものでも海外では
まだ黎明期という場合もあると気付いたので、それもヒントに再度考え直します。

そして「人間、かかってくる課題は全てできることの範囲内」という言葉には
奮起させられました。
「できるかできないか、ではなく、やるかやらないか」。
現状、課題が山積みですが、これを聞いてやる気が出ました。

From:小川唯菜@名古屋校2期生(愛知県出身、南山大学4年)
----------------------------------------------------------
●気付き
・経営者に必要なスキル=営業
会社では、営業のやり方は誰も教えてくれない。自分の信じたこと、
信じた道を自分なりに工夫して、進むしかない。経営者が最後の最後に頼れるのは自分。
同じ事は二度はやらない。常に工夫して常に向上・改善すること。

・運を良くするためには
1、『ありがとう』を繰り返すこと
1、隠れたところで徳を積む
人のために、と常に考えている人は回り回って、運が巡ってくる。
3、なるべく運のいい人の近くにいる事
4、人の嫌がることを率先してやる
例:トイレ掃除など。

・運の悪い人、運に見放される人は、人の陰口、人を騙すこと、
ウソをつく人。これは絶対にしてはいけない。

●海外ビジネスの話
・歴史を学ぶことで黎明期を見つけることができる
・今モンゴルがアツい。今モンゴルでは頭のよいエリートが大量にいる。
お金がなくて、勉強しかしていないから。しかしHISがハン銀行を買い取り、
お金が無い人に低利子でお金を貸している為、爆発的に起業する会社が増えている。
・日本では当たり前だけど、海外ではまだ当たり前ではない(黎明期)の
物やサービスを探せば、ビジネスチャンスは沢山ある。

●マイナス面
.璽蹐ら何かを普及させようと思った時、既得権益との戦いがある。
変化には痛みが伴う
∀渡┐脇常茶飯事
賄賂を含めた見積もりを出さないといけない。

・諦める事と撤退することの違い=心が折れているか折れてないかの違い
諦めることは、『あぁもうこれ辞めよう』と投げ出すこと、撤退するのは転進すること。

●感想
今日の竹川社長の講義は、すごく気付かされることが沢山ありました。
経営者である前に、人としての在り方が大切。今は色んなことを体験し、
色んなことを学び、色んな気付きを得たいと強く思いました。

From:板津奈々美@名古屋校2期生(金城学院大学4年)
-------------------------------------------------------

●気づき
・運は呼び寄せるものである
運を呼び寄せるような行動を日々起こしていくことで
運気は必ず引きこむことが出来る。
肝心なところでそういった行動が生きるので、
こういう行動は経営者としてマストだということに気づきました。
また相手の嫌がるような事を行えば、運気は逃げて行くことに気づきました。

・S字の普及曲線は歴史から学べる
先のことは分からないが、歴史を学ぶことによって今までのS字の普及曲線を
学ぶこと出来、また、今後普及率が爆発的に上がるタイミングを事前に
知ることができることを気づきました。
今後ビジネスを行うにあたって、こういうことを読み取る能力は非常に重要です。
今までの歴史を学ぶ意味について再確認することが出来ました。

●感想
人の縁、感謝の大切さを改めて気づきました。
どの成功者も同じことを言っているような気がします。
毎回このマインドをおさらいしつつ学べるベン大の価値について
改めて気付かされました。これを今の歳で学べて本当に良かった…!
日々努力、日々感謝。忘れがちですが、とても大切なことです。
毎日誰かに見られている事を意識して、今後の行動に活かしていきます。

From:井出晃資@名古屋校2期生(静岡県出身、名古屋大学4年)
----------------------------------------------------------

コメント

該当 0件

この記事にコメントする

名前 入力必須
メールアドレス
タイトル
コメント
添付画像
<<2014年08月>>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
最近の記事
最近のコメント




関係企業 株式会社ザメディアジョン l 株式会社ザメディアジョン人財事業部 l 株式会社ザメディアジョン・シェア l 株式会社ザメディアジョン新卒採用 l 株式会社ザメディアジョン・エデュケーショナル l 株式会社ザメディアジョン・リージョナル l 個人情報の取り扱いについて