100社の経営者が創った学費無料の1年制志立大學            お問い合わせ  会場 よくある質問
※学士号・修士号・博士号を取得するところではありません。      

徳島校ブログ

日本ベンチャー大學徳島校の講義の様子をお伝えします。

平成25年(2013)【6月29日(土)】
クラスカフェビジネス会議/石井章子先生(株式会社フィット 社員)

UPDATE:2013/07/01 13:34
--------------------------------
●1日の流れ
1、クラスカフェビジネス会議
(講師:石井章子先生)

■プロジェクト名:実践!ショップ経営プロジェクト!

■SkipFillのコンセプト
・上品で大人可愛いアクセサリー

■売上目標
・8月末までに4万円
--------------------------------
●気づき
【女性目線】
今回販売する商品は20〜40代の女性をターゲットにしたものである
女性の目線で仕入れ、商品の選定、販促を行うことがカギになる

【ゴールデンエリア】
レジ付近が商品を販売するのに適している

【季節商品】
プロジェクトの期間は夏であり、夏に適した商品
販売方法、季節の変わり目での販売方法を考察、計画していく必要がある

【運営】
徳島校の学生だけではなく、石井さん、Kurasucafeの方々
多くの人に協力していただかなければプロジェクトの成功はないので
当たり前の事を徹底し、迷惑をかけるようなことは絶対にしない

【スケジュール管理】
限られた期間の中で結果を出す為には必須である
二週間に一度進捗の報告と次の二週間の予定を報告

【お金を稼ぐということ】
雇われてお金を稼ぐという経験はあるが、実際に仕入れから販売まで
自分で考えて実践したことがないので今回のような貴重な機会を無駄にはせず
チャンスを与えてくださった方、商品を購入してくださる方の為に
お客様が欲しい物を用意し販売していく

●実践すること
・スケジュール作成
・商品選定
・真似する企業を探す

●考察
クラスカフェビジネス会議で実際に商品を販売することになりました。
このような貴重な機会を設けてくださった方々に感謝し、売上目標を達成し
学生の内に、お客様に役立つ成功体験を掴みとります。
石井さん、お忙しい中、講義をしてくださりありがとうございました。

From:井上透(徳島文理大学4年)徳島校1期生
------------------------------------------------

平成25年(2013)【6月22日(土)】
 スケジュール管理学/鈴江崇文先生(株式会社フィット 代表取締役)

UPDATE:2013/06/27 00:33
--------------------------------
●1日の流れ
1、朝礼
2、日経新聞アウトプット
3、「スケジュール管理学」
講師:鈴江崇文(株式会社フィット社長)
--------------------------------

●学び
・80:20の法則
やらなければならないことが10個あっても、本当に必要なことは実は2個。
やらないことを決めることがスケジュール管理の第1歩。

・復習はスキルの母
スキルを上げるには復習しかない。

・忘れる
人間は忘れる生き物。
だから復習が大切。

・見える化
自分がどんな時間の使い方をしているのか書き出す。
目で見えるようにすることで、不必要な部分がわかるようになる。

・人間らしく
ストイックなタイムマネージメントは無理。
好きなことへの時間を減らしても続かない。

・教える
教えることは最大のアウトプット。
教えることで相手も自分も育つ。

・委任
全部1人でやろうとするから無理。
誰かに任せることが大切。

・聞き方
聞き方で学びの質が跳ね上がる。
自分のことに置き換えて聞く。

●実践項目
スケジュール管理を上手にする。
そのためにやらないことを決める。
まず私はアルバイトの時間が長いので、シフトを削る。

●考察
本日、会計学の予定でしたが、まずお悩み相談から始まって驚きました。
しかし、それこそまさに『意識』。
プレゼンは相手のことを考えて話をしなければならない。
私たちの悩みに沿って予定を変更していただいたおかげでモチベーション、
学びの質が格段にあがりました!
後はどこまで具体的に実践に落とし込めるか!
1つ1つ実践します。

From:西脇杜直(徳島大学4年)JVU徳島校2期生
-------------------------------------------------------
●学んだこと
【意識】
・聞いてる人の悩みを聞いて、悩みを解決し満足を与える

【復習はスキルの母である】
・復習をすることでスキルは産まれる

【80対20の法則】
・100あれば本当に必要なものは20
・100個商品があれば上位20個の商品で売り上げの八割を占める
・20で80のアウトプット

【タイムマネジメントで大切な二つの事】
・やらないことを決める
・委任する

【人生は時間でできている】
・短い時間の中で質の高いアウトプットを求められる
・時短、作業の効率化などができると価値が高い

●実践すること
・一日のスケジュールを見直す
・生活の中でルールを決める
・人に教える
・意味の無い事をやめる

●考察
今回の講義で意識の重要性を学びました。
意識があると聞いてる人に満足を与える事ができます。
しかし実践するのは難しく、ただ悩みを聞くだけでは
問題を解決することができないので
学びを深めスキルを向上させ悩みを解決できるようになり
意識を自分のものにします。
鈴江社長ありがとうござました。

From:井上透(徳島文理大学4年)徳島校1期生
------------------------------------------------

平成25年(2013)【6月8日(土)】
 営業学/三谷浩之先生(株式会社フィット統括本部長)

UPDATE:2013/07/01 16:22
--------------------------------
●1日の流れ
1、朝礼
2、新聞アウトプット
3、「営業学」
  講師:三谷浩之先生(株式会社フィット統括本部長)
--------------------------------

●学び
・営業の仕事
営業とは、商品の価値を過不足なくお客様に伝えること。
買っていただくかどうかはお客様が決める。

・聞き上手
営業は聞き上手であるこたが重要。
語る→質問→共感→リピート
の順序で会話すると、相手から話してくれるようになる。
お客様の情報を引き出し、お客様の問題解決を提案することが
営業に求められる。

・態度
市場にはお客様とライバルしかいない。そしてお客様は100%見た目で選ぶ。
売る人の態度は当然良くしなければならない。

・NOと言われたらラッキー
お客様は何も言わずに去る。NOと言われたらむしろラッキー。
なぜNOなのか、理由を引き出す。そして改善できるもの、
できないものを見極め、改善する。

・スキルより心
商品を売るスキルを磨くより、心を磨く方が重要。正しい心を持てば結果は出る。
心を磨くのは簡単ではない。形から正していくしかない。

・スケジュール管理
時間だけは平等。それの使い方で仕事ができるできないがわかれる。

・早く行動
人は重要かつ緊急なことはすぐやる。しかし重要だけど緊急でない
ものはなかなか手をつけない。それを普段からしっかりやっておくことで、
緊急性のものは激減する。

・お客様への感謝
お金はお客様からいただいている。お客様がいて初めて自分達が
生かされている事実を忘れてはいけない。

・人は解釈の生き物
解釈次第で全てが変わる。全て前向きにとらえることが重要。

●実践項目
行動を早くする。
今やらなくて良いことも今やる。
そして、スケジュール管理を上手くできるようになる。

●考察
営業学に必要な考え方は、良く考えれば当たり前のことばかりでした。
しかし、普段忘れてしまっている事実を自覚することができました。

自覚があるかないかで人生かなり差ができるのではと感じました。
今回、学んだことを忘れないようにします。

From:西脇杜直(徳島大学4年)JVU徳島校2期生
-------------------------------------------------
●学んだこと
【商売の大原則】
・商売は物々交換から始り、今の時代は等価交換
・相手が欲しい物を用意していないとビジネスの本質から外れる
・お客様の欲しい物を用意していないと成り立たない

【営業マンの仕事とは】
・自社の商品を過不足なく伝える
・商品+サービスの価値を高める
・自社の商品を使ってお客様の悩みを解決する
・売らなきゃだめってものでもない→自分のためだけに売りたいは駄目

【営業の喜び】
・自分も幸せ、相手も幸せにして、その輪を広げると地域が幸せになる
・お客様の問題解決をし、仕事を通じて誰かを笑顔にすること

【営業の振舞い】
1.当たり前の徹底
・社会人としての考え方、モラル、人としてあたりまえのこと
・挨拶、スピード対応

2.仕事への取り組み方と姿勢
・営業スキルより考え方の方が大事
 普段考える事は口に出る、日常生活から正していかないと
 プロとして生き残れない

3.身だしなみと清潔感
・人は見た目で判断する
 常に自分が相手に与える印象を考える

●実践すること
・NOと言われたらチャンス、何故NOなのか理由を聞いて悩みを解決する
・挨拶を元気よく行なう
・身だしなみに気を使う

●考察
今回の営業学で営業マンの仕事について学びました。
今の自分がいかに未熟かを実感し、今後自分を磨いていくために、
まずは当たり前の事を徹底し社会人としての考え方、振舞いを
身につけます。

From:井上透(徳島文理大学4年)徳島校1期生
------------------------------------------------

平成25年(2013)【6月1日(土)】
 プレゼン学 徳島大学にて/ 鈴江崇文先生(株式会社フィット 代表取締役)

UPDATE:2013/06/03 23:57
--------------------------------
●1日の流れ
1、鈴江崇文社長による「プレゼン学」
--------------------------------

●講義の気付き
[プレゼンの価値は無限大]
集客する時にプレゼン
成約する時にプレゼン
仕事に限らず、友達なども含めて人を説得する時にプレゼン
プレゼンとはあらゆる場面で必要になることであり、プレゼン力を
高めることは無限大の価値がある。

[4%]
しっかり勉強する人は20%
学んで実行に移す人はその20%
つまり実際にやる人は4%
だからやるだけで周りと差がつく

[6意]
意識、意図、熱意、真意、決意、誠意
プレゼンはこれら6つの意が重要になる。
特に意識。
つまり、聞き手の満足を考えたプレゼンが重要。

[プレゼント]
プレゼンはプレゼントからきている。

[拍手喝采される講演]
)粗
⊆臑
趣旨
で愀
ゥ汽檗璽
Ψ誅
この順序でプレゼンを組み立てる。

[実体験]
プレゼンに実体験を含めると聞き手が引き込まれる。
だから普段から様々な経験をしておく必要がある。

[聞き手のことを考える]
結局、上手なプレゼンとは聞き手のことを考えて作られたプレゼン。
相手が興味あること。
相手が飽きない工夫。

●実践項目
プレゼンする機会を作る

プレゼンの時、学んだプレゼンのノウハウを使う。
主に拍手喝采される講演をする方法を使う。

●考察
プレゼンのノウハウだけでなく価値を考えることで、プレゼンが
如何に重要な要素か学ぶと同時に、このノウハウを実戦で使いたいという
気持ちが沸き上がりました!


From:西脇杜直(徳島大学4年)JVU徳島校2期生
--------------------------------------------------------
●「プレゼン学」 講義内容
■プレゼンとは
・プレゼンとは人を目的のために動かすもの

■六意
・意識→聞いてる人の満足
・意図→伝えたいことの明確化
・熱意→本気度
・真意→ありのまま、かざらない
・決意→覚悟はあるのか
・誠意→人にプレゼント、プラスを与えているのか

■自身のもちかた
・セルフイメージを変える→スーパー○○

■天性の壁の越え方
・実体験をもとに話す
・論理がある
・インスピレーション=ビビビ
・相手が何を知りたいのか考え話す

■ 拍手喝采される講演方法手順
.ープニング(冒頭)
▲肇團奪(主題)
プレミス(趣旨)
ぅ丱奪グランド
ゥ汽檗璽
Ψ誅

●実行する事
・セルフイメージを持つ
・学んだら一つで良いので実践する
・人を動かす

●まとめ
今回のプレゼン学でプレゼンの意味から実行手順を学びました。
今回学んだことを人前で話す際に実践し、自分のキャリアアップにつなげます。
そのために今後は自分から人に話しかける主体性を持ち、人と話す機会を増やします。

From:井上透(徳島文理大学4年)徳島校1期生
------------------------------------------------

平成25年(2013)【5月25日(土)】
 現地歴史学/香川県直島でアート、地方ビジネス、歴史を学ぶ

UPDATE:2013/05/27 21:52
●気付き
・家プロジェクト
 安藤忠雄を初め、著名な建築家が手かげた古民家や寺。
 コンセプトを係りの人に聞くとより楽しめる。

・観光地ビジネス
 自然とアートが融合した直島では、普段買う価格より高い
 キャッシュポイントが街のあちこちにちりばめられている。

・直島のバス
 バスで島を一周できるが、明らかに定員overだが乗れるだけ乗れるスタイル
 観光地だからこそできること。

・そこにしかないもの、人が集まる理由
 直島には赤かぼちゃという現代アート作品があった。
 港の近くに存在し、フェリーから降りた観光客がまっさきにあしを運んでいた。現地にしか存在せず赤と黒の派手なカラーで目を引き人を近づけ、近くまでいくと他の観光客が作品と一緒に写真を撮る風景が見られる。

 a.商品(赤かぼちゃ)
 ・直島限定
 ・ぱっとみて何かわからない、疑問を与える

 b.商品使用イメージ
 ・赤かぼちゃの周りには常に人がいて写真を撮影している
 ・直島に来た記念に

 c.閲覧価格
 ・無料

 d.場所
 ・直島の入り口

 私が考える限り上記の理由で人が集まっている。

・常にビジネス視点で見る
・人が集まっていれば集まる理由を考える
・質問の質を高める

●まとめ
今回の歴史学で直島を視察し、現地のビジネスモデルを学びました。
直島という過疎地でも存続でき、外から人を集客する仕組み、
希少性を持たせるなど数多くのアイデアを現地で体験しました。ですので
今後は自分を磨くため積極的に観光地に行きます。

From:井上透(徳島文理大学4年)徳島校1期生

平成25年(2013)【5月18日(土)】
 特別講義「経済・株について/鈴江 崇文校長」

UPDATE:2013/05/20 09:38
-----------------------------------------
●1日の流れ
 ■講義:『経済・株について』
 ■講師:鈴江校長
-----------------------------------------

●学んだこと
・株式会社の仕組み
 株を発行してお金を集めて会社を運営する
・株価
 会社の価値
・日経平均
 日本の主要な225社の株価の平均
・円高
 輸入企業が儲かる
 ガス、化石燃料を輸入している企業が潤う
・円安
 輸出企業が儲かる
 トヨタなど、国内で製造し海外に輸出している会社が潤う
・アベノミクス3本の矢
 1.金融政策
 2.財政政策
 3.成長戦略

 1と2で既存の事業を潤し、3で新たなビジネス(バイオ。ECO)を作り海外に向けて展開していく。

●実行すること
・アベノミクスと関連し今後伸びる銘柄を決める

●考察
 本日の講義で経済・株について学びました。
特にアベノミクスとはなんなのかを腹落ちするとこまで落としこめたのが一番の学びでした。
今後は鈴江社長のように、経済の話をわかりやすく人に伝えられるようにアウトプット力を高めます。

From:井上透(徳島文理大学4年)徳島校1期生

●今日学んだこと
・株式会社とは、株を発行し、お金を集めて仕事をする会社である
・株価とは、会社の価値である
・株は市場(東証、大証など)で売り買いされており、上場企業の株価は公開されているが、非上場企業の株価は非公開である。
・日経平均株価とは、日本の主要企業225社の株価の平均である
・日本とアメリカの経済の関連性
は深い(ニューヨーク市場は重要)
・円安→輸出をしている企業が得をする
・円高→輸入をしている企業が損をする、いずれは海外からの輸入品も値段が高くなる
・アベノミクスの3つの矢→金融政策、財政政策、成長戦略

●感想
 株について全く知識が無かったのですが、鈴江社長が私のレベルに合わせて講義をしてくださったので、株と経済について
よく理解できました。今後は実際に徳島校生で株を購入し、投資をしていくので、株の勉強をすることは勿論、時事にもしっかり目を向けていきたいと思います。

●実行すること
・株と経済の関連性を意識しつつ新聞やニュースをみる、会社四季報等を読む
・円安でメリットのある企業はどこか、インフレに強い企業はどこか、成長戦略で上場する企業はどこか…等、
大きな視点で考えて、今後株を購入して投資する会社を理由付きで考えてくる。

From:石井志奈(香川県出身、徳島大学4年)JVU徳島校2期生

平成25年(2013)【5月11日(土)】
 ホームルーム/年間スケジュールの見直し、株の銘柄選定ほか

UPDATE:2013/05/14 01:05
--------------------------------
●1日の流れ
1、朝礼
2、新聞アウトプット
3、通年スケジュール見直し
4、合宿のスケジュール作り
5、株の銘柄選定
--------------------------------

●学び
日系新聞からアウトプット
3面「円安でも海外生産拡大」
 円安により、輸出産業を中心とした企業業績がプラスに働きそうだが、海外で生産を拡大する姿勢は変わらない。
↓↓↓
 新聞、ニュースで円安の恩恵の話を最近よく聞くが、実際は良いことばかりではない。長く続いた円高により、為替変動に左右されにくい企業体質へ変化した企業も多い。円安が続いても収益には関係なし。
LNG等の輸入産業にとっては赤字。
 円安による景気回復や所得増は期待できないと思う。むしろマイナスの面がこれから影響するように思う。

 また、本日初めて新聞アウトプットをベンチャー大学のメンバーでやりました。意見交換することで新たな知識や考え方を得ることができました。1人で納得するのではなく、周りの意見を取り入れる重要性を学びました。

●実践すること
 新聞アウトプットを皆でやるのは良いなと思いました。今は週1でやってますが、毎日できる環境があればなと思いました。
そこで、その環境を作ります!
仲間を集めて毎日アウトプットします!

●考察
 本日、自転車でベンチャー大学に行きました。今までタクシーで10分でしたが自転車でも20分程度と意外と近いことに気付きました!
これから自転車にしようかと思います。

 また本日は2人欠席だったので意味があるのかと疑問だったのですが、井上さんと2人でいろいろ話ができ、お互いに新しい一面を発見できたと思います。
さらに仲良くなれた1日でした。

From:西脇杜直(徳島大学4年)JVU徳島校2期生

●学び
・【3面】円安でも海外生産拡大『拡大』
  円相場が10日、対ドルで節目の100円を超えて下落し、
  輸出産業を中心とした企業業績にプラスに働きそうだ。
  ただ、成長が見込める新興国など海外で生産を
  拡大する姿勢を変えない企業が多い。
  円安・株高が景気の本格回復に結びつくか。
  賃上げや国内投資に波及するかが焦点になる。

・【9面】円安経営者アンケート
  自社の取り組みや影響

 ▽吉村章太郎・三菱ケミカルホールディングス社長
  円安が素材販売に影響を与えるには時間が、4月以降は効果が出始めた。

 ▽中村豊明・日立製作所副社長
  対ドル1円の円安で営業利益が60億円増える。
  原材料値上げもあり、全体でプラスになるかはわからない。

 ▽太田克彦・新日鉄住金副社長
  輸入鋼材への価格競争力が高まる一方で、
  原材料分の値上げはお願いしなくてはいけない。

 政府日銀に望むこと

 ▽和田勇・積水ハウス会長
  アベノミクスは住宅や不動産投資の活況につながっている。
  為替は維持し、成長戦略を実行してほしい。

 ▽鈴木修・会長兼社長
  自動車メーカーは中長期的に設備投資計画を進めているため、
  為替の安定を何より期待する。

●実践すること
・株を選定する
・合宿スケジュールを決める
・経済面を追う

●考察
 本日の新聞アウトプットで、西脇君と親睦を深めた。
また新聞からの学びで、日本を拠点とし世界に輸出するビジネスは
今後良い業績をあげると予測できた。
 そして徳島校の株についてですが、市場関係者の見方では、
日経平均が年内に1万6000円に到達すると予測されている。
このことから去年ほどの上昇は見込めないが今年も株で
プラスの成績を出すチャンスはある、なので経済を勉強し
今年も去年に引き続きプラス収支になるよう学び自分を磨きます。

From:井上透(徳島文理大学4年)徳島校1期生

平成25年(2013)【4月27日(土)】
 「マニアック講義/学生によるプレゼン」

UPDATE:2013/05/01 21:51
--------------------------------
●1日の流れ
1、朝礼、清掃、新聞アウトプット
2、徳島校2期生による「マニアック学」
--------------------------------

●学んだこと
プレゼン方法の多様性。個性の引きだし方。色彩学、スウェーデン学、ソーシャル学。

2.感想
 プレゼンは場数を踏まなければならない!失敗を恐れるな、なにもしないことを恐れろ!!
営業職を希望しているので、プレゼンスキルは特に重要。分かりやすくおもしろく、
を念頭に置いてやってみて、これまでのプレゼン経験値不足を思い知った。

3.実行すること
 プレゼン内容をもう少し緻密に。映像で魅せる。チームをまとめたいときは、ピンク色を身に付ける。

From:薬師寺瞳(愛媛県出身、徳島大学4年)JVU徳島校2期生
-----------------------------------------------------------------

●今日学んだこと
 プレゼンの多様な方法。
韓国語学、色彩学、ソーシャル学。

●感想
 今日はマニアック学ということで、それぞれが好きなテーマで自由にプレゼン発表しました。
特に薬師寺さんのプレゼンはメモを持たずにパワーポイントだけを用い、
聞き手の人たちとコミュニケーションを取りながらプレゼンを進行していく
というもので、ライブ感のあるものでした。こういった形のプレゼンは聞いていて
すごく楽しかったので、今度自分もやってみたいと思いました。

●今後実行すること
 プレゼンの際は、聞き手の人たちとやり取りをする。
聞き手の人たちの反応を見ながら臨機応変にプレゼンをする。

From:石井志奈(香川県出身、徳島大学4年)JVU徳島校2期生
-----------------------------------------------------------------
●薬師寺さん「ひとみんの韓国語講座」
 ください=チュセヨ
  
 石井さん「スウェーデン学」
 スウェーデン人口:925万人
 面積:日本の面積+北海道を追加したぐらい
 9割の人ががアメリカ英語を話せる

●気付き
 ・プレゼンする際は事前に誰に話すかを想定し内容を決める
 ・自信を取り戻す
 ・ソーシャルの不安感を取り除く

●感想
 今回の講義で、自分に何が足りないかわかった。
 事前に準備をし熱意を持ちとりくみ、たった一度のチャンスを掴む覚悟が必要だと思いました。
 なので今後はやると決めたら本気でやっていきます。

From:井上透(徳島文理大学4年)@徳島校1期生
------------------------------------------------

平成25年(2013)【4月21日(日)】
 2期生 入学オリエンテーション

UPDATE:2013/04/23 13:21
--------------------------------
●1日の流れ
1、鈴江社長による入学式オリエンテーション
--------------------------------

●学んだこと

「夢」は自分のために見るもの。「志」は、誰かのために抱くもの。
「いけ!やれ!あえ!」で、経験値アップ、そして自分らしさが見つかる。
理論だけじゃだめ。実践することで、説得力も増す。
名刺交換後は自分から質問!共通点を見つける。お礼メールは習慣化、奇数の法則。
名刺は複数枚もらったら重ねない。

●感想

 今はまさに、拒食の人生から脱出している最中だ。私は好奇心旺盛の肉食系なので、
物事が続かない。だから、ベンチャー大學では、物事を続ける努力をしてみたい。リアルビジネスをど
んどん体験して、
一年間でも5年分の成長をするつもりでいこうと思った。
「報告、連絡、相談」これはよく聞くが、意識できていなかったので、これからは意識していきたい。

●実行すること

 昨日、県庁に行き、正しい名刺交換を実践してみた。意外と慣れるのに時間がかかりそうだ。でも、
以前よりは礼儀正しく交換できた。
どんどん実践していかなければならない。お礼メールの習慣化、ホウレンソウは、実行していく。

From:薬師寺瞳(愛媛県出身、徳島大学4年)JVU徳島校2期生
-----------------------------------------------------------------

●今日学んだこと
 ベンチャー大學は日本の男子学生を鍛える事を目的に、松下村塾をモデルに創られたアウトプット中
心の
講義形態の私塾である。今の学生に欠けていることは「続、関、裸」であり、ベンチャー大學はこれら
を充実させ、
日本人としての誇り、自覚を持った、志の高い世の中のリーダーを育成することを目標としている。
そのためには、生徒一人一人が自発的に学ぶことや人間力を磨くことが必要である。

 徳島校のゴールは「自分らしさを見つけること」であり、「いけ、やれ、会え」をテーマとしている。
このテーマを実行することで経験値を上げ、ゴールに近づくことができる。また、講義は
「理論、ノウハウ」「実践」「歴史」の三本柱から成る内容である。

 ところで、人間力とは営業力であり、それを高めるためにはお辞儀の仕方や名刺交換のマナー、
お礼のメール、ホウレンソウ(報告、連絡、相談)等、基本的な社会人としてのルールやマナーを
徹底することがまず大切である。行動は早い方が良い。

●感想
 日本の歴史や伝統を学び、感謝や節礼を大切にする等、自分が日本人であることに誇りを持った
産業人になりたいと思った。また、ベンチャー大學での活動を通して、「自分にとっての志とは何か」
「自分の核は何か」を考えていきたい。名刺交換の後に会話をする事やお礼のメールを今まで
出来ていなかったので、今後は社会人としてのマナーを知り、気を付けようと思った。

●実行すること
 名刺交換の正しい仕方、「よろしくお願いします!!→お辞儀」等の言葉と動作を分ける、お礼メール、
ホウレンソウ、「続、関、裸」を意識して行動する

From:石井志奈(香川県出身、徳島大学4年)JVU徳島校2期生

【平成25年3月19日(火)・20日(水)】
『知覧・卒業合宿&卒業式』

UPDATE:2013/03/21 17:59
【2日間の流れ】
1日目
・知覧特攻平和会見学
・勉強会(特攻にいたるまでの歴史)
・中條高徳学長による講義
・夕食
・懇親会

2日目
・早朝散策(三角兵舎跡→ 戦闘指揮所跡→ 特攻平和観音堂→復 元三角兵舎 )
・朝食
・女将さんによる講話
・DVD「俺は君のためにこそ死ににいく」鑑賞
・ホタル館見学
・分校卒業証書授与式
・バスの中でアウトプット
○気づき
・特攻隊員の想い
家族のため、くにのため、想う人のため
自らが特攻することで日本が平和になると信じ
日本の未来のために散っていった。

・人間らしく生きる
感性を持ち、喜怒哀楽を持つ。

・使命(自分の命をどう使うか)
自分が何をしたいのか、何をしている時が幸せなのか。
それを選べる自由に感謝し、当たり前のことからやる。

・民族が消される3つの要因

・本気
本気でやれば,大抵のことができる。
本気ですれば何でもおもしろい。
本気でしていると誰かが助けてくれる。

・世のため人のため
世のため、人のために生きる。
このとき若者の眼が輝くということ。
これは今も昔も変わらない。

・二つの感動体験
-バスの運転手さん
雨で塗れた傘を開いて外に干していた。
何故ですかと聞くと、借り物だからと
当たり前の答えを返してくれました。
-女将の気遣い
バスで移動中、外は雨だったので財布をバスに置いて行った時の話。
御賽銭の際に、私が財布を持って無い事を知っていて、
誰よりも先に、外に導いてくれました。

・しつけ、自分の子供に伝えること
人様に迷惑をかけない。
うそをいわない。
人の役に立ちなさい。
弱き者を助けなさい。

・卒業について
一年間お世話になりました。
出会った方々に感謝です。

○実行すること
・親に感謝、友人に感謝、ご先祖様、すべての人に感謝する
・WEBマーケティングを本気でやる、結果が出るまで絶対逃げない
・好きなことをやり続ける

○感想
知覧研修を終えて、歴史を知り、思いを知り
今後自分が何をすればいいのか、少し明確になりました。
そして現在の自分をベンチャー大學に入学した当初と比べると、
驚くほど変わっていて、本当にベンチャー大學に入ってよかったと思える。
同世代の仲間達と共に学びあい、行動できるベンチャー大學に感謝しています。

出会った学生、事務局の方、経営者の方、
日本ベンチャー大學徳島校一期生は最高です。
一年間本当にお世話になりました。
またお会いする日を楽しみにしております。

From:井上透(徳島文理大学4年)@徳島校1期生
●気づき

1.「知覧特攻平和会館」
・特攻の思い
自分と年齢が変わらない20代前後の若者たちが
どんな思いでこの知覧から飛び立って行ったのか。
残された書物には母親にむけてのものや、
家族に向けてのものなど、自分にとって大切な人への想いが綴られていた。
その言葉はダイレクトに伝わってきた。
本心が伝わってきた。想いが伝わってきた。
特攻平和記念館に入る前に植えられていた桜には、
特攻で飛び立った人たちの名前が添えられており、
その一本一本にも大切な意味があるのだと感じた。
この知覧には先人の方が残してくださった、
大切な思いや覚悟、歴史が詰まっているのだと感じた。

2.中條学長の話
・国家の役割
領土を守る、国民の命を守る、資産を守る。
この3つが国家の役割。
ケロッグ・ブレアン協定による不戦条約にもそう記載されている。
この3つの内一つでも破られてたら、
自衛戦争をしても認められる。
今の竹島や尖閣諸島の領土問題もそれだけ大きな問題。
国民は絶対に関心を持っておかなければならないほどのもの。

・日本民族とは
自分の命を人のために国家のために捧げることができる。
とても立派は民族。

・滅びる民族
‐夢を失った民族。
今の日本人は大きな夢を持っている人は少ない。
豊かな環境になるのと逆走し、夢が小さくなってきている。
豊かになるのは良いこと。
だがその分、躾や教育に力を入れなければならない。
そこを変えていかなければならない。

‐心の価値を見失った民族。
金目の物は瞬間的なもの。
心が貧弱ではダメになる。

‐自国の歴史を学ばなかった民族。
日本はワシントン条約によって、歴史、地理、修身を禁止された。
戦争では負けると不正義にあつかわれ、
勝てば正義にあつかわれる。
日本を弱くした教育や躾。
これを見直さなければならないと感じた。
また、正しい教育を学ぶ場として、ベンチャー大學徳島校も、
歴史の重要性を第2期生にも伝えねばと思った。

3.知覧の「戦争遺跡」めぐり
女将さん、北尾さんとともに戦争遺跡めぐり。
女将さんから、感じることの大切さを教えていただいた。
感謝すること。先を読むこと。
当たり前とは何なのか。
大雨でまわれなかったところもあった。
このような大雨は始めてだとおっしゃっていた。
そのような天候になったのにも意味がある。
その意味を自分で考えなくては。
私の解釈では、ベンチャー大學生に喝を入れていたのではないかと感じた。
朝早いということもあってか
みんなの行動はキビキビしていなかった。
全員が本当に命をかけて散っていった
先人の方々と心を通わせていただろうか。
ど真剣に向き合っていただろうか。
そのような思いが天候にも影響したのではないか。

4.富屋旅館女将・鳥濱初代さんからの講話
相手を思う心、自分がこれからどう生きていくのか。
いろいろと考えさせられた。
自分が認める自分の良さ。これを人のためにどのように使っているだろう。
家族のために何をしているだろう。友達に何をしているだろう。
学校に、地域に、国に、世界に、地球に・・・
私は何もしていないように感じた。
私は命という限られた時間を使って、どれだけの人を幸せにできるのか。
自分が精一杯生きた先に何が残るのか、何を残せるのか。
そんな人間になるにはどんな生き方をするのか。
自分が親になったとき、子どもにどんなことを伝えられるのか。
自分の使命を考え、ど必死に毎日を過ごす。
考えて、考えて、考えて、自分の中にしっかり落とし込み、行動しなければ。

●実行すること
・両親に感謝を伝えてから上京する。
・自分がして欲しいことを人にもする。
・朝、輝いた目で鏡を見る。

●全体の感想
始めての知覧。中條先生と女将さんの話をきける環境に本当に感謝です。
いろいろと考えさせられた2日間でした。
普段私が当たり前と思っていることで、どれだけ思考が停止していたか。
感性、感じる心がどれだけ貧しかったか。
本当に、知覧というこの場所で
ベンチャー大學の卒業式を行えたことに感謝です。
もっと成長したい。
今の私たちという未来を作ってくれた
先人の方々の思いを大切に胸に刻み、社会人になります。

From:安藝崇文(徳島大学4年)@JVU徳島校1期生
<<2017年03月>>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
最近の記事
最近のコメント




関係企業 株式会社ザメディアジョン l 株式会社ザメディアジョン人財事業部 l 株式会社ザメディアジョン・シェア l 株式会社ザメディアジョン新卒採用 l 株式会社ザメディアジョン・エデュケーショナル l 株式会社ザメディアジョン・リージョナル l 個人情報の取り扱いについて