100社の経営者が創った学費無料の1年制志立大學            お問い合わせ  会場 よくある質問
※学士号・修士号・博士号を取得するところではありません。      

見学者の声

平成25年(2013)【9月28日(土)】
 松下村塾ビデオ鑑賞、新聞ディスカッション

UPDATE:2013/10/02 07:04
●ベンチャー大學の体験
日本ベンチャー大學の学生の皆様は、堂々としており、圧倒されてしまいました。私の周囲の大学生で、あそこまでオーラを感じるような人は、なかなかおりません。

ベン大生の皆様が本当によく鍛えられているなと肌で感じたのは新聞アウトプットの時です。
イントネーション、声の精度、全体の構成など、何を見ても私よりも格段に上の実力をお持ちで、皆様のスピーチ力には大変感動いたしました。
あとのフィードバックの際も互いに悪い点を指摘し合ったり、
逆に良い点はきちんと認め合い、慣れ合いにならず、いい緊張感を持って取り組んでおられました。

私の大学にも、エグゼを継続している学生が数人おりますので、
新聞アウトプットを是非とも取り入れようと考えております。
皆様良くない点を隠さず、はっきりと指摘されますが、具体的にどうしたらいいか?というところまで付け加えてお話ししてくださるので、思いやりを感じます。
普段の生活の端々で見受けられる罵倒のようなものとは、
全く次元が異なるものです。

ベンチャー大學の皆様と出会い、私も今以上に「人間力」を伸ばそうと心に誓いました。東京近辺に用事がある、もしくは通りかかる時には
事前にご連絡いたします。
ぜひまた皆さんとお会いしたいです。
その時には、今、以上に成長した姿をお見せできるよう、力を蓄えておきます。

From:佐々木雄大@東京校聴講生(岩手大学2年)
-----------------------------------------------

平成25年(2013)【4月12日(金)】
 現地歴史学 昭和館、プレゼン大会、ビジネス・ビデオ視聴と5期生へのミッション発令

UPDATE:2013/04/17 00:47
この日のベン大生のブログはこちら!

●日経新聞アウトプット
 時事問題について語れる仲間がいることは私にとって、とても羨ましいです。
 毎日ラジオを聴いて経済学者・社会学者の話を聞いていましたが、
どうしても一方通行で自分の意見が学者の意見そのまんまになってしまう
事も多々ありました。
 個人では関心の少ない記事についても意見を言うきっかけになり、自分で
考えを持ち発信できたことは勉強になると同時にとても楽しかったです。

●昭和館
 戦争の資料に対して吟味する経験が初めてでした。
中原淳一さんを通して戦時中の女性の仕事、生活背景を想像し
現在とは明確にすみ分けされた男女の差を感じました。
 お金も権限もなく今のように便利な家電もない中で、家事には
一日中時間を費やしていたでしょう。家事と戦争、両方を維持するためにも
性別による区分け、戦死の美徳などの価値観が生み出されていったのだと思います。

 軍事国家の日本で情報操作や規制が厳しい中、希望や欲を知らない女性に
娯楽を提供していたのが中原さんなのだと感じました。

 プレゼンは大失敗を経験し、長時間の発表である文構成が
より大切になるのだと感じました。

 また機会がありましたら普段の結果→理由2〜3個→結果の3部構成
だけでなく、さらに多くのプロセスで組み立てていきたいと思います。

●ビジネス・ビデオ鑑賞「企画を作る」
 素人がいきなり実際にお金を払って参加してもらう企画を作るという
非日常体験、裁判員制度に選ばれるような感覚でしょうか。

 経験の有無に関係なくプロの結果が求められる責任の重大さを感じました。
 私ならメイド喫茶、パンクロックライブetc・・・普段、一歩引いてしまう
ような世界に飛び込めるような企画をしてみたいですね。
 相性が良くても悪くても学びはすごく多いですから、ただ娯楽には
ならないかもしれないです。

 相手を自分の立場に置き換えて考える事、今から習慣化して社会人になる
時に少しでもフライングできるように頑張ります。

From:高田朝輝(北里大学4年)JVU東京校 聴講生

平成24年(2012)【7月10日(火)】
丸山朋子先生(株式会社ソナーレ 取締役)
『憲法を知ろう〜憲法を知らずして憲法の何を変えたいというのか〜』

UPDATE:2012/07/17 16:02
〜憲法を理解する -選挙権をもつ意味- 〜
講演:株式会社ソナーレ 丸山朋子 取締役

■憲法は誰のためにあるのか?
そもそも、憲法に書かれていることは、どんなことなのか、
聞かれて答えられる人は少ないだろう。
憲法には具体性はないけれど、行なってはいけないことが書かれている。
こう言うと、日本国民の権利が制限されているように聞こえるが、
「行なってはいけない人物」は、日本政府なのだと、気付かされた。
憲法は、政府や国に対して、権力を持つことを制限しているのだ。
こうして国民の権利や自由は守られているのに(義務もあるけれど)、
守られている私たちは、そのことに無頓着だ。
普段の生活で意識しないからかもしれないが、それでは憲法がうかばれない。
また、講義では、国内で一番憲法を勉強しているのは天皇家だとおっしゃっていた。
現在は国の象徴で実権はないけれども、
やはり天皇は国民のことを第一に考えて下さっているのだと嬉しくなる。
ひとつの国、ひとつの憲法で守られているのいうのは、気付かない所で
国民を支え、暮らしを保障してくれているのだと、改めて実感し、憲法に感謝。

■ビザの真相
この講義のなかでも1・2を争うほど、驚いた衝撃的事実。
出国はいつでもできるが、入国に自由はない、ということ。
インドに行く際ビザの手続きをしたが、そんな重みがあるとは考え及ばなかった。
「日本(自国)をちょっと離れるから、お知らせしておきます」程度に考えていた。
犯罪者が国外逃亡し、再入国で捕まるのは、日本で犯罪を犯したから
捕まるというより、不法入国で捕まるのだというから、驚き。
うっかり申請せず日本を出てしまったら(そんなことはないだろうが)、
日本国民の資格を剥奪させてしまうなんて、そら恐ろしい。
私たちは、憲法によって守られてもいるが、「日本国民」だからこそ、
守られている立場や自由があることを思い知らされた。

■憲法を改正するということ
憲法第96条を見ると、そのハードルの高さがうかがえる。
(総議員数の3分の2以上の賛成、国民投票の過半数の賛成)
投票率の低下だけでなく、それを実際に行なう国会が、
保身のために進んで動こうとしない。
この講義で“ねじれ国会”の概要が分かったいまは、
丸山さんがおっしゃっていたように、
早急な改正はすべきではないと考えるし、できないだろう。
やはり、日本国憲法についての基本的知識を、もっと国民全体に知らしめるべきだ。
「私たちは、道路交通法や学校の規則は教わるのに、憲法は教えられない」
そうおっしゃっていた丸山さんの言葉が、
講義終了が近づくにつれ、じわじわ染みてくる。
中国教育のように暗記しろとは言わない(言えない)が、小学校から
義務教育に組み込んで、根幹の考え方だけでも、たたき込んでおいた方がいい。
憲法を変える/変えないにしても、
議論のテーマを皆で共有しないことには始まらない。
ここで改めて、「教育」の重要性を感じさせられた。

From:A・Yさん(広島大学大学院)

平成24年(2012)【5月17日(木)】
赤池誠章先生(元衆議院議員)
『情熱政治学』

UPDATE:2012/05/17 21:00
○本日の「日本ベンチャー大學」は、いかがでしたか?

実体験のある講師の先生からのお話は
聴講させていただいている側の
引きこまれ方が違うと感じました

○本日の「日本ベンチャー大學」講義への意見・感想をお書き下さい

実際に経験されている先生の講義なので、
を字面でなく活きた形で学べる点の
素晴らしさを痛感いたしました。

金光淳規様(株式会社Grand Line 代表取締役)

平成24年(2012)【2月2日(木)】
長尾小百合先生(ワーク 代表取締役)
『編集学』

UPDATE:2012/02/03 16:33
生活の全てが編集というのは印象的でした。
でも言われてみれば、その時々にあった自分を切り取り、
編集しているんだなと納得です。

また、営業など仕事において大切なのは
「相手の立場に立つ」ことなのだと再確認できました。

人によって価値観や感受性は十人十色ですが、
具体的イメージを思い描くことで、
少し共有できることも、面白く大切なことだと感じました。

実際に目的を立てて、皆で実践しながら考えていくのは
分かりやすいし、すごくよかったです!

少し時間が足りなかったことだけ残念でした。
文章の書き方とか、詳しく聞きたかったですね。

徳島大学総合科学部 3年 中井知美(鳥取県出身)

平成23年(2011)【11月23日(水)】
山近義幸(JVU日本ベンチャー大學理事長代行)
『歴史と人間力〜安岡正篤先生に学ぶ』

UPDATE:2011/12/06 15:50
)榮の日本ベンチャー大學の講義はいかがでしたか?
∨榮の日本ベンチャー大學の講義への意見、感想を何でもお書きください。

●青山学院大学3年 渡辺亮介さん
‖膤悗念Щ△鬚垢襪海箸ないのでメリハリがあった。
講師陣がころころと変わって話されるといろいろな話が聞けるのでとても魅力的に感じた。

平成23年(2011)【11月17日(木)】
『第1回就活戦略会議』

UPDATE:2011/12/06 13:48
●本日の就活戦略会議はいかがでしたか?

・城西大学2年 S.Kさん
やはり、いまの現状は厳しいことがわかった。エントリーも3桁いかないと受からない可能性も低く、積極的な姿勢が大事だということもわかった。
これから就活していくうえで、企業を詳しく調べて、明確になんでこの会社に入りたいかをちゃんとしていきたいと思った。

・下関市立大学4年 M.Mさん
希望業種の広げ方や会社へのアタックの仕方等、いろいろと聞けてとてもためになりました。

・麻布大学 S. Sさん
自分の気持ちを素直に話せて嬉しかった。

・駒澤大学 N.Kさん
このような機会に参加したことがなかったので、たくさんの人に会い、様々なパターンの話(就活の仕方)を聞けてよかったです。

・城西大学2年 五十嵐偲帆さん
就活の厳しさを実感しました。
私はやりたいことは決まっているのですが具体的ではないので、もっと明確にさせていけるようにしたいです。

・立正大学2年 萩原満奈美さん
たくさんの良いお話が聞けて本当に良かったです。
また、4年生の先輩方の話しを聞いて、現在の日本の“就職する”ということがどんなに大変なことか理解しました。

・京都工芸繊維大学3年 A.Mさん
普段聞くことができない、内定を持っていない方の声を生々しく聞くことができた。
藤本社長がステキだった。未内定の方へのメッセージがとても現実的で、温かいメッセージだった。(上から目線でごめんなさい)

・駒澤大学 M.Mさん
とても参考になった。「電話での就活」というのは、現代の就活生にとって考えつかないアイデアだと思うので、ぜひ実行したいと考えた。

・拓殖大学4年 田中聡さん
他の方がどのようにしているのか、知ることができてよかったです。また、他の方への対策も自分にあてはまるものがあり、ためになりました。

・城西大学3年 木内貴敏さん
リアルな就職活動の話を聞けて本当に勉強になりました。
最後に質問できなかった自分が情けないです。

・城西大学3年 加藤 勉さん
たくさんの人がいるのでそれぞれの話が聞けて、自分の知らないことが聞けたのでとても良い会議だと思いました。


平成23年(2011)【10月19日(水)】
松下政経塾特別講義

UPDATE:2011/11/07 16:48
)榮の松下政経塾訪問はいかがでしたか?
一番印象に残ったことは何でしょうか?
2燭物足りないことはありましたか?
て本ベンチャー大學3期生はどう思われましたか?

●株式会社ex T.T様
〇涯瓩気鵑龍飢塀颪砲弔い討里話し

●株式会社守谷刃物研究所 Y.M様
^柄阿茲蠑床疾経塾とはどのようなところか気になっていたため
⊂床執之助公が私財を出し高い志でこの塾を築かれたこと。古山塾頭のお話しを頂き非常によく理解出来てよかったです。
ありません!大変お世話になりありがとうございました。
じ亀いあってよい。
自分の目標を設定させているのがよい。しかも期限付き。すばらしい!

●株式会社ジーク H.N様
敷地の広さと塾生の礼儀正しさ
の薺契気靴好印象だった。

●株式会社ジーク T.M様
‐床執之助の原点に触れることができました。素直
∩濃峇單
じ亀い芭匹

●デュポン株式会社 岩子泰生様
⊂床執之助氏が、1989年に戦後30年の「日本の復興」の未完成について既に語っていた事。
一体その頃から状況はどのように変わったのか?
「震災からの復興」とは違う、根源的な問題意識を感じた。
じ亀い良い。
ただしMISSON STATEMENT(宣言)は、もっと面白く記憶に残るものが良い。

●テレビクリエイション 吉野和子様
〜瓦違う世界だと思っていた政経塾が身近に感じられた。
◆票修自得”という言葉。とにかく一つ一つの言葉が重くずっしりときました。

●株式会社協育 井田智佐子様
ヽ塾の理念をあらためて伺い、又塾頭の講話が良かった。又、塾の環境の中に自分が立てたことは意義があった。
古山塾頭のリーダー論。現在社長として会社をたばねていますが、迷う事多々あります。
本日伺ったリーダー論を自分に重ね、反省しきりでした。
光を見つけた思いでおります。
自分の立場、責任を再考熟考し、明日に進みたいと思います。
始まる前に(オリエンテーションの時にでも)学生と他参加者との挨拶ができたらもっとなじんだのではないでしょうか。
一体感も生まれたのでは?
ぜ禅娠答の時、積極的に質問し、たのもしく見えたが、挨拶が少々物足りなかった。
明るさ、積極さを感じない。

●神奈川大学 T.Nさん
⊇瞭の話
質疑応答の時間をもう少し多く…

●横浜国立大学 夏目祥平さん
‐床疾経塾に入学してみたいと感じたからです!
⊆ら求め、自ら実践する精神。自修自得
塾生の話

●明治大学 N.Oさん
‐床執之助のVTRが見られたこと、施設見学ができたことがよかった。
教科書でしか見たことのない幸之助さんの映像が見られたこと。
偉人が少し身近になり、あれの教えや名言も素直に(今まで以上)自分の中に入ってきた。

●株式会社エムドットワイ 柳町正則様
ー磴ず△剖縮のあった場所に来られたから
古山さんのお話(帯のような是・方針)
じ亀い福屬修屬蝓廚牢兇犬蕕譴燭里如∨槓の元気に近づいていって欲しい。

●アイエスケー・コンサルティング株式会社 S.S様
々之助氏の志に触れることができた。
∋楡澹学、自修自得
だが細い。遊びが足りなさそう

●株式会社ウィルホールディングス H.T様
仝纏海気鵑里話に感銘を受けました。
⊇瞭盡学、古山さんのお話
最後の方の話は、これまでの話の雰囲気にあわず抵抗がありました。
かなり学ばせていただけた深い話もありましたが、部分部分抵抗も感じました。
せ屬旅發気伝わってきました。競うように手を挙げる姿に驚きました。

●株式会社ウィルホールディングス 吉田博明様
⇔鮖砲砲佞譴蕕譴拭8纏浬瞭の講話、大変ためになりました!

【9月17日(土)】黒岩禅先生(株式会社佐藤商会 執行役員)『仕事楽』

UPDATE:2011/09/17 16:36
●K・Sさん

元気が出ます。

【8月6日(土)〜7日(日)】もうひとつの特攻隊〜行徳先生と行く回天研修

UPDATE:2011/08/12 10:40
●児玉沙希さん〈安田女子短期大学/山近社長の鞄持ちインターン〉

今回は山口の大津島で行われる回天合宿に急遽参加させていただきました。皆様お忙しそうにされている中たくさんご迷惑をおかけしました。温かい対応をありがとうございます。この場を借りて再度お礼申し上げます。

以下、時系列に沿ってアウトプットします。

8月6日

8:00 平和祈念式典@広島

→黙祷のとき、当時の様子などを想像し、66年前のここにいた人たちの心情が頭を廻った。1分間で考えられる容量をオーバーしたようで、立ちくらみで立っていられなくなる。先輩方にご迷惑をおかけした。やはり、現場に行って自分の目で見て、音を聞き、温度を感じることには大きな意味がある


12:51 徳山駅到着

→社長と合流するまでの時間に、任された仕事を処理する。郵便局への振り込みはコンビニでできないことを知らず、店員さんと悩む。土曜日なので郵便局の窓口は開いていないがATMなら使えると聞き、郵便局へ向かうが、ATMも閉まっていた。結局なにもできず。お金については優先事項だと思っていたが、あとにまわすことで大幅な時間カットができるなら、そこを見極めなくてはならない。


14:30 フェリー

→社長と合流し、フェリーへ。自己紹介をしてまわるのに名刺を持ち歩いておらず、いただいて気づく。1枚のお名刺がこれからどれだけ広がるかわからない。もっとご縁を大切にしなければ。荷物を置く位置に配慮が足りなかった。


15:00 大津島到着

→みなさんはこの時間に回天の記念館を見学される。山近社長と、港近くの売店で買い物。本やTシャツを買い占める。私にジュースも買っていただく。少しでも売上に貢献したいとおっしゃっていた。感動。いつもお客さまのところでご飯を食べたりするのは知っていたが、ご縁を大切にするとはこういうことだと思った。


16:00 講演

→先ほど買ったTシャツを着て、先ほど買った手ぬぐいをはちまきにして、短パンで講演される山近社長。熱い。参加企業様にどんどん話を振っていくことで、一体感のある講義に。とても勉強になった。行徳先生のご講演は、買い出しであまりお話が聞けず。携帯を持って行っていたにも関わらず、戻ってから追加の買い物に気づく。社長から「遅い」とのメールをいただく。せっかくの行徳先生のご講演。もっと効率に気を配り、少しでも長く聞くべきだった。


19:00 夕食 回天カレー

→ベンチャー大学の学生さんが夕食にカレーとそうめんをつくってくださる。おいしくいただいた。感謝。行徳先生が皆さんにプレゼントとして書を書いてきてくださる。その中で「人は広さを求めるが、大事なのは深さだ。」とおっしゃったことに感動。これは短いお話だったので、私なりの解釈だが。二次会では皆さん自己紹介をされる。様々な業種、会社の方々が、様々な県から、様々なきっかけで参加をされている。ここに集まっていることが不思議…。


2:00 就寝

→山近社長とミウの宮下社長のお部屋で、お二人の話を聞かせていただく。山近社長の提案に、「それいいですね、そうします。」とすぐにメモを取られる宮下社長。素直さ、行動の早さに感動。メディアジョン様と関わらせていただいていつも感じているが、企業様の新卒採用への本気度を改めて感じた。急遽泊まることになった私は部屋がなかったので、後藤さんや田中さんのお部屋にお邪魔する。大阪で整体をしていらっしゃる方と意気投合。ばりばり働く女性のお話を聞いたのは、案外初めてかもしれない。新卒で入ってくる人への思いをきく。私もあんな先輩になりたい。


8月7日

5:55 ジョギング

→山近社長と宮下社長とジョギング。昨日行けなかった記念館、今日私たちが帰ったあとに皆さんがまわる回天発信訓練基地などに連れて行っていただく。さりげなく配慮してくださる社長に感謝。発信台で、魚雷を海に下ろすための穴を見た。とてもなまなましく、当時の海軍の若者を想像した。戦争を賛美するとかそういうものではなく、ただ純粋に、彼らあっての現代の日本国民はこの事実を知らなければならないと思った。


6:30 運動

→スクワット100回、腕立て50回、腹筋50回。腹筋の40〜50回目のカウントを任される。大きな声で顔を真っ赤にしながら数えた。しんどかったが、すがすがしい。海に向かってヤッホー体操。始発のフェリーで徳山へ。


8:00 お菓子屋「寿美屋」

→児玉源太郎神社へ参拝した後、寿美屋に向かう。店頭には、回天のものがたくさん。ザメディアジョン様出版の本や、合宿にきていただくはずだった池田さんの本…お店を開けてくださった店員さんが、池田さんにお会いしたいとの話をきき、すぐに池田さんに連絡を取られる社長。ご縁の広がりを間近で見ることができ感動した。お土産にお菓子をいただく。


9:00 古川さんとお茶@サンルート徳山

→昨日、回天についての本の筆者にアポを取っていらっしゃった。私に任された仕事だったが、他の仕事をしている間に社長がしてくださっていた。仕事の優先順位と、ひとつの仕事にかける時間をもっと意識する。古川さんが来られるまでの時間に、朝食。山近社長の「おなかすいた?」の質問に「大丈夫です」と答えてしまった。いつも友達といるときにも使ってしまう。これは本当にだめな癖。直す。



今回の鞄持ちで、まだまだだと気づいた。知恵も気配りも体力も。ザメディアジョン様と出会い、就職活動を通し成長できたと思っていたが、まだまだ伸びしろがあると気づけたのがまず第一歩。

他の先輩方のアウトプットにはよく、帰り際に涙が出たと書いていらっしゃるし、私もそうなると思っていた。しかし、3日間これだけお世話になっておいて、案外あっさりと社長に「それでは失礼します」の言葉が言えたのは、多分、これで終わりとは思わなかったから。ザメディアジョン様と、山近社長と、その関係者皆様にご縁があると自負しているからかな、と帰りの新幹線で思った。私の人生に関わってくださる皆様に感謝の気持ちを常に持ち続け、ご縁がいつまでも続くよう、広がるよう、深まるよう、努力する。

以上です。ありがとうございます。

<<2017年12月>>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
最近の記事
最近のコメント




関係企業 株式会社ザメディアジョン l 株式会社ザメディアジョン人財事業部 l 株式会社ザメディアジョン・シェア l 株式会社ザメディアジョン新卒採用 l 株式会社ザメディアジョン・エデュケーショナル l 株式会社ザメディアジョン・リージョナル l 個人情報の取り扱いについて